継続的に稼げないならビジネスじゃない

パソコンを立ち上げ、インターネットエクスプローラーを起動し
「副業 稼ぐ」などと検索をすると、「1日◯分、副業で100万円稼ぐ!」
といった類のビジネスがたくさん出てくる。

よく見てみると、それらは一過性のものであって、
明日突如、稼げなくなってもおかしくないものばかりである。

中には、株や、FX、バイナリーオプションなどをビジネスと定義している者も少なくないが、
先日のギリシャ問題の影響で、稼げなくなった人が大勢出たと私は聞く。

それでは、ビジネスではないのだ。ビジネスは一過性のものではない。
ビジネスは継続的に稼げなければならないのだ。

つまり、継続的に需要があり、求める人、欲しがる人が増え続け、
稼ぎ続けるのが可能なものこそが、ビジネスなのである。


では、一体、継続的に稼ぎ続けることができるビジネスとは何か。

結論を話そう。

継続的に稼ぐことができるビジネス、それは、「輸入ビジネス」である。

日本が財政破綻してもお金に困ることは無い

「え?」と思ったかもしれない。

「輸入ビジネスってライバルが多くて、稼げないんじゃないの?」
「輸入ビジネスって需要がなくて、稼げないんじゃないの?」
「輸入ビジネスって英語や中国語みたいな外国語スキルが必要なんじゃないの?」
「輸入ビジネスって莫大な資金が必要なんじゃないの?」

そう思ったかもしれないが、これらはすべて誤解である。
間違った考えなのである。

こういった誤解から生まれた参入障壁がある
お陰で新規参入者が入ってこない市場が完成する。

需要は増えるのに供給は増えないのだから
私達はもっともっと稼ぐことができるのでありがたい話だ。


私達は、この参入障壁に守られているのである。

「需要が増えているってほんと?」
とあなたは思うかもしれない。

考えてもみてほしい。
日本は島国で、ありとあらゆるモノを輸入に依存している。

それに、身の回りを見渡してほしい。
あなたの身の回りで輸入品ではないものを探すことの方が難しくはないだろうか。

事実、日本の輸入量は、年々確実に増えている。

仮に、日本の財政が破綻しても日本が島国である以上、輸入ビジネスは破綻しないのだ。

つまり、あなたが副業をしたいサラリーマンであろうと、
新たな事業の柱を建てたい経営者だろうと輸入ビジネスを収入の柱として確立してしまえば、
一生お金に困ることはないのである。

成功者を多数輩出した方法

「どちらにしても、莫大な資金が必要でしょ?」と思うかもしれない。

ここで一つあなたに問いたい。

「あなたは10円玉を持っているだろうか?」

よほどのことがない限り、答えは「イエス」だ。

せっかくなので、10円玉を題材にして、面白い話をしようではないか。

10円で仕入れた商品を1980円という驚きの価格で販売した女性社長の例である。


興味がわいたのではないだろうか。

彼女のより詳しい話はビデオの中でお話しするが、
少しだけお話しをすると、

彼女は中国で10円のピアスを仕入れて、
日本で1980円で販売しても需要があると判断し、
その結果、商品は飛ぶように売れた。

他にも面白い話はたくさんあるが、続きはビデオでお話しようと思う。

陸続きの孤島(会津若松)で成した快挙

ビデオに入る前にあなたにビデオのキーワードをお伝えしよう。

「独占販売権」という単語をあなたは、聞いたことがあるだろうか。

魅惑的なこの単語が意味するのは、

あなたが見つけた商品を日本国内において
独占的に販売する権利を保有するということである。

輸入ビジネスで独占販売というのは、
文字通り、あなたしかその商品を販売することができない。

もしくは、あなたという門番を通過しないとその商品を
販売することができないということだ。


これが何を意味するか、考えてみてほしい。

もし、あなたがチャンスを掴むことができれば
あなたの住んでいる地域だけではなく、全国からあなたの商品を欲しいという
オファーが殺到し、あなたの知名度は一気に全国区になるという意味なのだ。

日本であなたにしか売れない商品を持つということは、
あなたが得られる利益は計り知れないものになるということだ。

事実、私はこれで年商9億3000万円を稼ぐことに成功している。

「へー。そんな特殊なことがあるんだー。」

なんて人ごとに捉える方がどうも多いのだが、実に寂しいことだ。
チャンスをみすみす見逃しているのだから。


安心してほしい。

海の無い、四方を山で囲まれた小さな、小さな町、
会津若松に拠点を置く私ですらできて、あなたにできない訳がない。

実際、私の大勢のクライアントも「独占販売権」を取得して稼いでいる。
あなたと、あなたの商品が「全国区」になるのは、夢ではない。

そんな現実に遭遇したくはないだろうか?


1955年9月26日生まれ
株式会社インポートプレナー 最高顧問
ジェトロ認定貿易アドバイザー NO486
日本貿易学会正会員
東京商工会議所「経営・技術強化支援事業登録エキスパート」

2004年2月、合格率わずか8.4%であり日本に500名もいない難関資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を取得。ジェトロ認定貿易アドバイザーとしての知識、現在までに5000件以上の商談をこなした経験、心理学やNLPに基づいた巧みなコミュニケーション術を駆使したコンサルティングはクライアントから圧倒的な支持を受け、テレビ、ラジオ、新聞などのマスコミにも頻繁に紹介されている。有名著書には、専門書としては異例となる販売即日すべてAmazon総合ランキング1位になった「初めてでもよくわかる 輸入ビジネスの始め方・儲け方」「貿易ビジネスの基本と常識」「輸入ビジネス儲けの法則」「図解 これ1冊でぜんぶわかる貿易実務」などがある。

1990年9月14日生まれ
株式会社OUTSTANDING 代表取締役

Webマーケティング事業、レディースアパレル事業、輸入輸出貿易物販事業、不動産物件販売事業などの会社を4社経営。2012年11月、22歳の時に事業を起こし初めて販売した転売ビジネス教材は1800本の販売数を記録。活躍フィールドはインターネットだけの世界に留まらず、有名プロアスリートとコラボしトレーニングDVD教材の販売、globe結成20周年を記念した夢プロジェクトTHE NEXT GENERATIONのプロモーターとしてマークパンサー氏のプロジェクトにも関わっている。

独自の発想力を活かし、企画、制作、マーケティング、ライティングなどすべてを緻密に設計し、若きカリスマプロデューサーとして世代問わず、各界の著名人が注目し、プロデュース依頼が殺到する今、最も注目と期待を一身に集めている。若干24歳で、今年の見込み売上は関連会社合計で50億円に達する若手ぶっちぎりのモンスター起業家である。




本ページでは弊社の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。弊社の商品をご購入された場合や弊社に個人情報を登録して頂いた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

お客様の個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。ここに個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、お名前、自宅および会社の住所、電子メールアドレス、電話番号などの連絡先を含めた、お客様を特定するに足る情報を指します。以下も同様とします。

個人情報の収集
弊社では、必要最小限の個人情報をいただく場合がございます。個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により、本人の同意を得た上で行います。弊社に個人情報を提供するかどうかは、お客様ご自身が選択できます。個人情報を記入して頂くページにて、情報を提供する意思があるかどうかをお決めください。

個人情報の保護
弊社は、お客様の情報の安全と保持が最重要であると考えております。お客様からご提供頂いた個人情報を適切な方法で管理し、お客様の個人情報の紛失や漏洩などが起きぬよう、合理的な措置を講じます。

個人情報の利用
弊社は、お客様から個人情報をご提供いただく場合には、法令に定める場合を除き、あらかじめ、その利用目的を明示いたします。
弊社は、法令に定める場合を除き、お客様よりご提供いただいた個人情報を、業務の遂行上必要な限りにおいて使用いたします。また、業務の遂行上、お客様の個人情報を、第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。
この場合、弊社は当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。

個人情報の第三者への開示
お客様よりご提供いただいた個人情報は、法令の定める場合を除き、ご本人様の事前の了解なく第三者に提供されることはありません。
弊社は、お客様よりご提供いただいた個人情報を、弊社が明示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいてお客様の同意を得ないで、お客様の個人情報を第三者との間で共同利用し、または、その取扱いを第三者に委託する場合があります。その他お客様が弊社経由で弊社以外の企業・団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼された場合や、それらの企業・団体が関係するセミナー等の申し込みをされた場合などには、当該企業・団体に個人情報を開示・提供することがあります。
これらの場合、弊社は、当該第三者において、お客様の個人情報を厳正に取扱うよう、適正な監督を行います。また、お客様からのお申出があれば、法令に従い、第三者への提供を停止いたします。

登録情報の訂正・開示等
ご本人の個人情報について照会や訂正を求められる場合は、確認を取らせていただいた上で適切かつ迅速に対処いたします。

プライバシーポリシーの変更
プライバシーポリシーは随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせします。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、弊社からの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。弊社の個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を弊社に通知しなければなりません。

【注意事項】
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。